トラックドライバー業界で必要となる資格は?

荷物の上げ下ろし作業に関係する資格は必須

トラックドライバーとして働くには最低でもトラックを運転するための自動車免許が必要ですが、実際の仕事では自動車免許以外に様々な資格が求められます。これはトラックの運転だけではなく、荷物の取り扱いもドライバーの仕事に含まれているためです。多くの運送会社では自動車免許の他にフォークリフトの運転資格の取得を必須としています。フォークリフトは荷物の上げ下ろしを効率的に行うための作業車両であり、トラックドライバーが荷物の届け先でフォークリフトを扱うケースも少なくありません。また、小型のクレーンが付いているトラックもありますが、このクレーンの操作も専用の資格が必要になります。

作業車両や設備の資格が無ければドライバーの仕事は務まらないと言っても過言ではありません。

扱う物品に対応する資格も必要になる

トラックドライバーは様々な物品を扱いますが、中には特別な資格が必要な物もあります。ガソリンなどの石油燃料やプロパンガスを詰めたボンベなど、物品ごとに異なる資格が無ければ運送業務に従事することはできません。これらの資格はドライバー本人ではなく同乗者が所持していれば法律上の問題はありませんが、仕事を効率的に進めるならやはりドライバーが取得する必要があると言えます。取得するための条件は資格によって異なりますが、予め取得しておけば就職や転職の際に有利です。会社によっては資格手当を支給する所がある他、取得費用を援助する所もあります。また、一定期間ごとの更新が必要な資格もあるのでその点も注意しなければいけません。

ドライバーの転職は、タクシーから長距離トラックまで様々な職場を選べる状況となっており、乗務経験が豊富な人は新しい職場で収入アップを目指すことも可能です。