トラックドライバー業界の仕事とは?

長距離トラックドライバーの特徴と魅力

一口にトラックドライバーと言っても複数の働き方に分類されていて、その一つに長距離ドライバーがあります。これは文字通り遠方に荷物を届けることを仕事とするドライバーで、仕事内容によって若干の違いはありますが、平均走行距離は片道で300kmです。車の運転は車両のサイズが大きくなるほど繊細な操作が必要で、加えて一定の速度で走り続ける高速道路での運転は精神的な負担も大きくなります。一見すると過酷な仕事のようにも思えますが、この仕事ならではの魅力もたくさんあって、その一つが収入の多さです。長時間の運転による危険手当なども含めて一般的なドライバーの仕事に比べて高めに設定されているため、効率良くお金を稼いでいくことができます。

決められたエリアを回るルート配送

トラックドライバーの仕事の中にはルート配送と呼ばれる業種もあります。平均数百kmに及ぶ移動を行う長距離ドライバーに対して、ルート配送は決められたエリアを順番に回って荷物を届けるのが主な仕事です。運転する距離自体はそれほど多くはありませんが、複数の場所に決められた時間内に荷物を届けなくてはいけないため、長距離とは違った大変さがあります。この仕事の大きな利点として挙げられるのが運転技術の向上です。日々刻々と変化している道路状況をしっかりと見極めてスムーズに走れるルートを見つけるといった作業をしている間に裏道に詳しくなれます。配送が終わればその時点で仕事は終了となるので、長距離ドライバーよりも時間的拘束が短い点もメリットです。

運転業の求人には、高い収入で待遇も良い求人があります。働き方も、土日祝日のみといった条件で募集をしている企業もあります。