タクシードライバー業界の仕事の特徴

24時間の稼働が必要になる

タクシードライバー業界の求人に応募しようかと考えているときに知っておきたいのが勤務時間の実態です。タクシーサービスは24時間提供されているのはよく知っていることでしょう。裏を返せばタクシードライバーは全体として見ると24時間稼働する体制になっていなければならない状況があります。夜間や早朝についても働くことになるのは念頭に置いて選ぶ必要があります。勤務形態としては隔日勤務が典型的になっているのが特徴です。隔日勤務とは朝から夜を通して翌早朝まで働く勤務形態で、翌朝に勤務を終えたらその後は休みになります。休憩を取りながら働けるので負担も大きくはなく、夜間に深夜料金で売り上げを出しやすいのが魅力として知られています。

売上が収入に直結する

隔日勤務で深夜料金の時間帯にも働くのにどのような魅力があるのかと疑問に思う人もいるでしょう。これはタクシードライバーの給与が売上によって大きく左右される仕組みになっているからです。タクシードライバー業界の仕事の特徴として個人の売上が個人の給与に反映される歩合制になっていることが挙げられます。売り上げの一部が給料に加算されるようになっているため、大きな売り上げを出すことにモチベーションを持ちやすいのです。歩合率はタクシー会社によって異なり、平均売上額にも違いがあります。タクシードライバーの求人を探すときにはこのバランスを考えて、稼ぎやすい条件が整っているタクシー会社の求人を選ぶのが重要になります。

ドライバーの募集を探して、これからドライバーとしての人生を歩んでいこうと思ったら、ハローワークに行きましょう。